遺産を相続人で分割するときの時価評価

株式会社クラヴィス鑑定事務所
不動産の鑑定評価に関するご相談・お見積は無料です。
06-6364-5480
お問い合わせフォーム
一般の方はこちら
HOME > 一般の方はこちら > 遺産を相続人で分割するとき

遺産を相続人で分割するとき

相続人が2人以上いる場合、誰がどの財産を相続するか具体的に決める必要があり、これを遺産分割といいます。
被相続人が「不動産は長男が、有価証券や現預金は長女に」と具体的に遺言していた場合、問題は生じることは少ないでしょう。
しかし、遺言がない場合には、遺産(相続財産)を誰がどのような形で相続するか協議する必要があり、その方法には、現物分割、代償分割、換価分割といった種類があります。
【遺産分割の種類】
現物分割 遺産そのものを現物で分ける方法
代償分割 特定の相続財産を相続人の1人が単独で取得し、
他の相続人に金銭を支払う方法
換価分割 相続財産を売却して、その売却代金を相続人で分ける方法

現物分割

遺産の中に複数の不動産がある場合、A不動産は長男が、B不動産は長女が、といったように各相続人が各々不動産を相続するような現物分割も想定されます。
しかし、現実には不動産が相続人の数だけ残されている場合ばかりでもないですし、複数の不動産があっても、各相続人の相続分に応じて平等に相続不動産を分けることは困難な場合が多く、相続人の間での取得格差が大きい場合は、金銭を支払うことにより格差を調整することになります。
後日問題にならないように、不動産の価格調査により、相続する不動産の格差を調整しておくことをお勧めします。
長男と長女が「不動産を一つずつ取得」しても、不動産の価値が異なり、取得格差が大きい場合

代償分割

先祖代々引き継いできた不動産や思い入れのある自宅等は、いったん特定の相続人が相続し、他の相続人には相続分に応じた金銭を渡すことになります。
不動産の価格調査により、他の相続人に支払うべき金銭(他の相続人が受け取るべき金銭)を適正に把握することができます。
また、不動産の価格調査は公平な観点により行われるため、相続人の間での説得材料としてもご利用いただけます。

換価分割

遺産を売却し、その売却代金を相続人で分ける方法で、もっとも公平な分割方法と言えます。
しかし、現実的には相続人の思い出が詰まった自宅等の売却は相続人の同意が得られない場合もあります。
このため、一般的には自宅等を長男が相続し、他の相続人に代償金として金銭を支払う方法(代償分割)が多いようです。
不動産鑑定に関するご相談・お見積りはこちら
株式会社クラヴィス鑑定事務所
運営者:株式会社クラヴィス鑑定事務所 不動産鑑定士 伊東玉喜
〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目7番10号 昭和ビル2F
TEL 06-6364-5480
お問い合わせ
Copyright © 株式会社 クラヴィス鑑定事務所 all rights reserved.
このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社 クラヴィス鑑定事務所に帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。